館長 倉知のこだわり | 犬山の音楽ホールで音楽教室を開いている【深音の館】

館長のこだわり

  • トップページ
  • 音楽ホール
  • 音楽教室
  • 館長のこだわり
  • ムービー

館長 倉知のこだわり

音楽への想いとBosendorfer(ベーゼンドルファー)

音楽への想いとBosendorfer(ベーゼンドルファー)

音楽の楽しさや音の良さ、さらには音楽で人の心を動かしたい。
そして心からピアノが好きな人に弾いてもらいたい。
これが私が音への追及にこだわる原点となっています。

【深音の館】の音楽ホールにはBosendorfer(ベーゼンドルファー)を入れました。
なにゆえBosendorfer(ベーゼンドルファー)なのか?

ギターに詳しい方なら、マーチンとギブソンがギター界の2大名器ですね。
それに等しいピアノ界の2大名器は、Bosendorfer(ベーゼンドルファー)とSteinway(スタインウェイ)です。

ギブソンとマーチンがその音色の違いから、プレイヤーを選ぶようにベーゼンドルファーとスタインウェイもプレイヤーを選びます。
スタインウェイはその全音域での伸びのある輝くようなきらめく音色ゆえ、コンサート等で好んで使用するプレイヤーも多いようです。

ベーゼンドルファーは対照的にその弾き手によって音色が変わり、ピアノの方からプレイヤーに対して「こんな音を!」という要求が感じられ、プレイヤーはピアノとのコミュニケーションが深まるにつれ高みに登っていくような、そんなピアノです。

私はここでこのピアノを弾くプレイヤーにもっともっと音を、音楽を、楽しんでもらえるようにとBosendorfer(ベーゼンドルファー)を選びました。

音楽教室で使用するピアノ

音楽教室で使用するピアノ

音楽教室では、グランフィールという最新のピアノを使います。

アップライトピアノとグランドピアノでは明らかにタッチが違いがあり、例えば本格的に音楽方面に進むのならば、小さくてもグランドピアノを入れないと難しいと言われています

グランフィールはその構造上、グランドピアノと同等の構造を持ちピアニッシモでの連打も可能、トリルなどの連打にもスムーズで単音レガート奏法も可能です。

お子様により高い音楽性が芽生えるよう、このピアノを選択しました。

音響

音響

【深音の館】の音楽ホールは、ヤマハに音響設計をしていただいた音楽専用ホールです。

Bosendorfe(ベーゼンドルファー)のピアノの響きを忠実にお客様の耳まで届くように、壁材から機器に至るまで徹底的にこだわりました。

犬山市の音楽教室、深音の館は音楽で心を動かしたいと考えております。

犬山市の音楽ホール、音楽教室、深音の館は音楽の楽しさ音の良さで、
人の心を動かしたいと日々拘りを持っております。
最良の音は聞く人の心の奥深くを震わせ、響かせます。
是非、犬山市の音楽ホール、音楽教室、深音の館の拘りをその耳で実感して下さい。

犬山市の【深音の館】は、世界最高峰のピアノが弾ける音楽ホールです

お気軽にご相談、お問い合わせください! TEL:090-2920-5273 メールフォーム

Information

深音の館
〒484-0085
愛知県犬山市大字犬山字西古券272
犬山駅より徒歩約15分、車で約3分
詳しい地図はこちら >>
音楽が好き、ピアノが好きという方、ぜひ犬山市の【深音の館】で世界最高峰のピアノ・音楽ホールを使ってコンサートをしてみませんか?ピアノ・フルート・ヴァイオリンの音楽教室も行っております。
24時間365日営業 TEL:090-2920-5273
ご利用申込み・お問い合わせ
メールでのお問い合わせは、24時間受付しております。お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ